HORIGUCHI KIRIKO 堀口切子

堀口切子

ARTISAN

  • 三代秀石 堀口 徹
  • 三澤 世奈
  • 坂本 優輝

三代秀石 堀口 徹

Shūseki (III), Toru Horiguchi

1976年、東京都に生まれる。二代目秀石(須田富雄 江東区無形文化財)に江戸切子を師事した後、三代秀石を継承、堀口切子を創業する。日本の伝統工芸士(江戸切子)認定。「三代秀石 堀口徹 ガラス作品展(日本橋髙島屋)」等の日本における展覧会はもとより、ニューヨークやパリ、ロンドン・在英国日本国大使館など海外においても作品を発表し、高い評価を受ける。オルビスグループCSR賞社長賞、江戸切子新作展最優秀賞、グッドデザイン賞等受賞歴多数。

賞歴

2016 グッドデザイン賞受賞「六条麦茶 江戸切子デザインPETボトル」
日本パッケージングコンテスト ジャパンスター賞受賞「六条麦茶 江戸切子デザインPETボトル」
アジアスターコンテスト アジアスター賞受賞「六条麦茶 江戸切子デザインPETボトル」
2013 グッドデザイン賞受賞(「ペーパーウエイト モアレ」と「切子の指輪」の含まれる「TOKYO CRAFTS & DESIGN」)
2011 第50回日本クラフト展にて入選
2010 江戸切子新作展にて最優秀賞受賞(経済産業省製造産業局長賞)「TOKYO SKY TREE 2010」
オルビスグループCSR賞 社長賞受賞
2009 江戸切子新作展にて最優秀賞受賞(経済産業省製造産業局長賞)「Inside beauty」

展覧会歴

2017 関東経済産業局・シンガポールデザイン庁 協調支援事業 「共 KYO プロジェクト」(シンガポール)
2016 外務省 「日本ブランド発信事業」(フィンランド・フランス・イギリス)
「デザイン・コード展」(六本木ヒルズ)
2015 個展 「三代秀石 堀口徹 ガラス展」(日本橋髙島屋)
「Cut-Glass Accents」(ロンドン・在英国日本国大使館)
2014 写真家 馬場道浩×江戸切子作家 三代秀石 「Cut×Cut」(ルアン銀座ギャラリー)
「TOKYO WANDERING CRAFT 2014 迷いと発見の物産展」(渋谷ヒカリエ 47 MUSEUM)
「GLOBAL EXHIBITION EN」(渋谷ヒカリエMercedes-Benz Fashion Week Tokyo)
「NIPPONISTA」出品(三越伊勢丹 New York Fashion Week)
2013 「江戸切子若手15人展-日本の伝統工芸を継承する職人たち(伊藤忠青山アートスクエア)
2012 「江戸切子 -日本のカットガラスの美と伝統-」 出品(瀬戸市美術館)
「COOL JAPAN WAO 工芸ルネサンスプロジェクト」選抜出品(New York, Paris)
「365日 Charming Everyday Things」選抜出品(Paris, 日本)
「キラメキは輝く未来をみちびいて」(POLA GINZA ウィンドウディスプレイ)
2011 個展 「EXHIBITION 02 Toru Horiguchi」(和田画廊)
「江戸切子 -日本のカットガラスの美と伝統-」 出品(町田市立博物館)
石川県立伝統産業工芸館 企画展 招待出品
ART CHICAGO 出品
アートフェア京都 出品
2010 グループ展・The Art Show「日本」出展(和田画廊)
個展 「EXHIBITION 01 Toru Horiguchi」(和田画廊)
2009 POLA MUSEUM ANNEX「Brilliant Noël」-輝きのガラス- 選抜出品

収蔵

株式会社ポーラ・オルビスホールディングス

株式会社ポーラ

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

三澤 世奈

Senna MISAWA

1989年、群馬県に生まれる。明治大学商学部卒業。大学在学中、三代秀石 堀口徹の作品に感銘を受け、門戸を叩く。2014年、堀口切子 入社。江戸切子を継承する者となるべく、日々研鑽に努める。2019年7月より堀口切子の新ブランド「SENA MISAWA」の制作・プロデュースを担当。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

坂本 優輝

Yuki SAKAMOTO

1998年、北海道に生まれる。留萌高等学校卒業。高校在学中、江戸切子に興味を持ち、堀口切子での職業体験を希望する。2017年、入社。江戸切子職人では最年少で、日々研鑽に励む。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

COMPANY

江戸時代後期の天保5年(1834)、江戸大伝馬町でビードロ屋を営む加賀屋久兵衛が金剛砂を用いて硝子を彫刻し、切子細工の技法を考案したのが江戸切子の始まりといわれ、平成14年(2002)、江戸切子は国が指定する伝統的工芸品に認定されました。
堀口切子は、大正10年(1921)、堀口市雄(初代秀石)が江戸切子(カットグラス)技術習得のため江戸切子技術伝承者・小林菊一郎に弟子入りし、前進となる堀口硝子を創業したことに始まります。その孫である堀口徹は、二代目秀石(須田富雄、江東区無形文化財)に師事し、その後、平成20年に三代秀石として、技術と精神を継承し堀口切子を設立しました。
堀口切子は、硝子と真摯に向い合い、その凛とした 透明感と華やぎの中からお客様に感動と笑顔と驚きを伝えるため日々研鑽に努めております。今後も、この「ものづくり」の伝統を守り、「本物」をお客様にご提供し続けてまいります。
  • 商号 株式会社堀口切子
  • 創業 平成20年10月1日
  • 資本金 10,000千円
  • 所在地 〒132-0025 東京都江戸川区松江五丁目10番2号
  • TEL. 03-6231-5561
  • FAX. 03-6231-5575
  • E-mail: info@kiriko.biz
  • 代表者 堀口 徹 代表取締役
  • 社員数 4人
  • 事業内容 ガラス製品 加工・製造・販売

主なクライアント

  • 青山学院大学
  • 伊藤忠商事
  • オーデリック
  • カルチャージェネレーションジャパン
  • コイズミ照明
  • 松徳硝子
  • 髙島屋
  • 電通テック
  • 東北新社
  • 日建設計
  • 日本百貨店
  • 博報堂プロダクツ
  • ビタカイン製薬
  • 日比谷花壇
  • ポーラ
  • 三越伊勢丹
  • caramo
株式会社堀口切子

プレス

テレビ

  • オトナ女子ストーリーズ(BS-TBS 2019)
  • 美の壺(NHK 2018)
  • ゴー!ゴー!キッチン戦隊クックルン(NHK Eテレ 2018)
  • 天才たちのアトリエ(スカパー!4Kチャンネル 2016)
  • 火曜サプライズ(日本テレビ 2016)
  • シューイチ!(日本テレビ 2015)
  • 若大将のゆうゆう散歩(テレビ東京 2015)
  • デザインコード(テレビ朝日 2015)
  • 未来シアター(日本テレビ 2015)
  • ようこそ櫻の国へ(TOKYO MX 2014)
  • デザイントークス(NHK WORLD 2013)
  • NEWS ZERO(日本テレビ 2013)
  • イッピン(NHK 2012)
  • My Process( フジテレビ 2012)
  • 元気のアプリ(日本テレビ 2012)
  • スマートJAPAN(テレビ東京 2011)
  • 首都圏ネットワーク(NHK 2010)

ラジオ

  • Next TRADITION(FM愛知 2019)
  • 西大伍presents DAIGO’S LOUNGE(kissFMKobe 2019)
  • 日本カワイイ計画。withみんなの経済新聞(FMラジオ 2019)
  • ACROSS THE SKY(J-WAVE  2019)
  • あしたラジオ!(ラジオ日本 2015)
  • サードプレイスMONDAY 今井彰のヒューマンアイ(JFN 2014)
  • TOKYO MORNING RADIO ナビゲーター:別所哲也(J-WAVE 2012)
  • すっぴん(NHKラジオ第一放送 2012)

書籍

  • 商店建築 (2019)
  • 専門料理 (2019)
  • 料理王国 (2019)
  • GLASS MATTERS(英国ガラス業界誌JOURNAL OF THE GLASS SOCIETY 2019)
  • 産経新聞 Fbi Culture+(2018)
  • ヒトサラhitosara vol.24(2018)
  • CONFORT No.162(2018)
  • South China Morning Post(Hong Kong 2018)
  • 朝日新聞be フロントランナー(2016)
  • DNA 新聞(France 2016)
  • Avotakka magazine(Finland 2016)
  • GQ JAPAN NO.160(コンデナスト・ジャパン 2016)
  • nid(エフジー武蔵 2016)
  • 月刊美術(実業之日本社 2016)
  • Goods Press(徳間書店 2016)
  • 切子 KIRIKO ジャパノロジー・コレクション(角川ソフィア文庫 2015)
  • snow peak カタログ(2015)
  • ヴァンサンカン 25ans No.430 2015 JULY(ハースト婦人画報社 2015)
  • Evening Standard(LONDON 2015)
  • フジサンケイビジネスアイ(2015)
  • SANKEI Express(2014)
  • 庭 NIWA No.218 2015春(建築資料研究社 2014)
  • 2015 Outdoor Lifestyle Catalog(snow peak 2014)
  • VALLOW Vol.2(音楽専科社 2014)
  • SANKEI Express(2014)
  • SPUR 本誌・別冊 2015.1(集英社 2014)
  • anan No.1923(マガジンハウス 2014)
  • 中央公論 10月号(中央公論社 2014)
  • 理想の詩 秋号(理想科学工業株式会社 2014)
  • FIGARO 10月号(阪急コミュニケーションズ 2014)
  • 朝日中学生ウイークリー(朝日学生新聞社 2014)
  • 産経新聞(2014)
  • 週刊新潮(2014)
  • 朝日新聞 都内版(2014)
  • Pen No.351(阪急コミュニケーションズ 2013)
  • 青山学報 245号(青山学院 2013)
  • Domani 10月号(小学館 2013)
  • 大人の夏ぴあ 首都圏版(ぴあ 2013)
  • チャーミングな日用品365日(ハースト婦人画報社 2012)
  • Whitebook(アド・コム グループ 2012)
  • 芸術新潮 10月号(新潮社 2012)
  • はれ予報 7-8月号 しんきんカード(日経BPコンサルティング 2012)
  • 美術2・3 中学校美術学習指導 生徒視聴用DVD (開隆堂出版 2012)
  • LEON 9月号(主婦と生活社 2011)
  • via(Airport Limousine 機内誌 2010)
  • 職場体験完全ガイド「陶芸家・染めもの職人・切子職人」(ポプラ社 2010)
  • 図画工作 教科書 5・6年生(日本造形教育研究会・開隆堂出版 2010)

webサイト

  • Wella Japan「BREAK YOUR BORDER~人生に色をつけよう」(2020)
  • BAR TIMES(2017)
  • GQ JAPAN (2016)
  • ジャパン・ジャーナル・リミテッド(London 2016)
  • 東京ブランド 「& TOKYO」(2016)
  • JAPAN NEWS(2016)
  • JIZAI(2016)
  • ABARTH SCORPION MAGAZINE(2015)

INFO

2020.5.28

手土産にワインコップ🍷お家時間楽しんで、と言いつつ自分のお家にも欲しい。 #winecup #winekopはオランダ語 #なんでオランダ表記かというと? #可愛いからです

more

2020.5.27

#memoryofproject

more

2020.5.27

【Momiji Lounge / Grand Prince Hotel, Shin-Takanawa】  The motif of this lighting is maple (Momiji in Japanese) which is the name of this lounge. In order to bring out its organic and natural feel, the structure of the lighting was carefully designed to look complicated, with various sizes and depths of glass cuttings.   【グランドプリンスホテル新高輪 もみじラウンジ】  冠となるもみじをモチーフにした照明です。有機的なイメージを表現するため、切子の深さや幅をわからない程度に敢えてバラつきをもたせ、複雑な印象を与える構造に仕上げています。  - #HORIGUCHIKIRIKOwebzineproject 

more

2020.5.26

堀口硝子 の旧包装紙 #wrappingpaper #親方資料

more

2020.5.24

🍉 @senamisawa

more

2020.5.23

“堀口切子が今まで ワイングラスを作ってこなかった理由” 映画『ローマの休日』には、グレゴリー・ペック演じる記者が、オードリー・ヘップバーン演じる王女を部屋に連れ帰った時、コップでワインを飲むシーンがあります。さり気なさが何とも格好いいワンシーンです。 イタリアのフィレンツェにある、老舗レストラン「Torattoria Sostanza」では、ワインは背の高いワイングラスではなく、コップに近いような、心地いい重みのあるもので提供されます。イタリアではよく目にする光景ですが、日本ではあまり馴染みがありません。 「Sostanza」は、イタリア語で「本質」という意味です。イタリアンレストラン「Table D'Hote」や「Jet Baker」などを経営する日暮勝秋さんは、この「Sostanza」で出会ったワインコップに魅了されました。ワインを口に運んでみると、「本質」を追求するお店がこのグラスを選んだ理由は、すぐに分かったと言います。「ワイン本来の味」が引き出されているように感じたのです。 飾らない「Sostanza」の料理には、背の高い高貴なイメージのワイングラスではなく、カジュアルで親近感のあるコップがとてもよくマッチしていました。このコップに感動した日暮さんは、自分の店でもこのコップでワインを出したいと強く思ったそうです。そして「Sostanza」のスタッフに渋られながらも、なんとか頼み込み、お店のコップを一つ譲り受けました。 帰国した日暮さんは、「Sostanza」のコップを手に、同じものが日本でも手に入らないかと探し始めました。その中で、吹きガラス工房「グラスルーツ」を運営する角岡磨さんに相談を持ち掛けます。角岡さんは、日暮さんのお店で「Sostanza」のコップを見た後、記憶を頼りに第一号となるワインコップを制作。そしてこれをプレゼントされた日暮さんは、理想のワインコップが作れるかもしれないと思い、正式に角岡さんへ制作を依頼します。日暮さんと角岡さんは何度も試作を重ね、日本人にとって心地のいいサイズと形にたどり着いたのでした。 「ワイン好きな人ほど、『まだワイングラスで飲んでいるの?』と問いかけたくなる」と日暮さんは言います。 ワインコップのストーリーを耳にした私たちは、「飾らずシンプルでありながら、そこへ向ける強いこだわりが大きな価値を生み出している」という点で、自分たちがとても大切にしてきた、あるデザインとの親和性を感じました。それが、パールカットと呼ばれるデザインです。 パールカットは、堀口ブランドが長年大切にしてきたデザインで、側面には玉状のカットが並び、底面には放射線状に菱カットが施されている、とてもシンプルなデザインです。堀口家には、パールカットのコップがたくさんあり、普段からとても気軽に使用していたことを覚えています。そんな思い入れのあるパールカットを、堀口切子としてリバイバルしたいと思い続けてきました。 また、堀口切子ではこれまで、ワイングラスは制作してきませんでした。それは色や香り、味を楽しむことに特化し、完成しきっているとも言えるワイングラスと、江戸切子が共存することの難しさを感じずにはいられなかったからです。しかし、このワインコップならば、パールカットならば、ワインを楽しむという本来の目的も、江戸切子の美しさも実現できるのではないかと思い、このプロジェクトに参加させてほしいと申し出ました。 特別高価なワインなどは、ワイングラスの形状でこそ堪能できるものもあります。しかしワイン文化が根づき、日常的にワインを口にする機会が増えた現代の日本だからこそ、この“コップ飲み” がお薦めです。 日暮さん、角岡さん、そして堀口切子のこだわりや技術が詰まったワインコップで、ぜひ一度「ワイン本来の味」を体験してみてください。そして、いつか日本でも、カジュアルにコップでワインを楽しむ文化が広がることを心から願っています。

more

堀口切子